車検について

車検 定期点検整備記録簿

定期点検整備記録簿というものをご存じでしょうか?

定期点検整備記録簿とは、24ヶ月点検や12ヶ月点検といった法定点検を行った際に、その点検内容を記す書類です。

定期点検整備記録簿には過去の点検、整備の記録が記載されているため、過去に行われた記録内容を確認することでどのような整備を行ったのか、消耗部品の交換時期はいつなのかなどを確認することができます。

エンジンルームや室内点検、ブレーキやタイヤなどの足廻り、トランスミッションやエンジンのオイル漏れなどの下廻り、ボディやフレームの外廻りの点検項目についてそれぞれ記載できるようになっていますので、かなり詳細に車の点検履歴を記していけるようになります。

このような定期点検整備記録簿だけに、専門業者でなければ記入できないものであると思うかもしれませんが、決してそうではありません。

法令では記入する者についての規定がないので、誰でも定期点検整備記録簿に記録を残すことができます。最近ではネットでも定期点検整備記録簿の書き方を簡単に調べられますので、その内容に沿って自分で記入するとコストもカットできるでしょう。

車検の際、定期点検整備記録簿が必要かと言えば、形式上において必要とされていますが、実際には形骸化しているので無くても車検を通すことはできます。

ユーザー車検を受けた人であれば経験あるでしょうが、“記録簿は?”と窓口で聞かれますので、「後で付けます」と言えばそれで大丈夫です。俗にいう「後整備(あとせいび)」ってやつですね。

ただし、最近は車検時に定期点検整備記録簿を求められるケースも多くなっているようなので注意しておきましょう。「後で付けます」と答えたところ、それでは「過去の分はありますか?」と聞かれることもあります。

車検を通す目的を明確化しておけば、定期点検整備記録簿についての考え方も変わってくると思います。

とりあえず車検を通すだけを目的とするのか、向こう2年間の安全性をしっかりと確保するのか、によって定期点検整備記録簿のウェイトは変わってくるでしょう。

日頃のメンテナンスを業者へ依頼するような場合には、その業者が定期点検整備記録簿を付けてくれるのかどうかも意識してみるといいと思います。

定期点検整備記録簿を備えていなくても車検は通りますが、プラスアルファを求めるのであれば、車検をきっかけとして定期点検整備記録簿をつけていくようにしてはいかがでしょうか?

しかし私はユーザー車検などはオススメしません。その理由としましては費用対効果が薄いと言う事ですね。楽天車検などで言えば車検の代行代金は1万円~1.5万円くらいが相場ですからお噛ませした方が得策だと思うからです。

一度価格を見てみてくださいね。楽天車検はこちらで詳しく解説しています。