車検について

駐車禁止の反則金を払わないと車検は通らないって本当?

交通違反してはならないのは当然なのですが、ちょっとした不注意で駐車違反の切符を切られてしまう人は後を絶ちません。

ネットを見ていれば、駐車違反をしたら車検に通らないという噂も流れていますが、それは正しくない情報なのでこの機会に認識を改めてください。

正確に車検と駐車禁止の関連性を表現するならば、“駐車違反をして放置違反金等を納付していない場合は車検証が発行されませんので、車検に通らないのと同じこととなります”といった内容になります。

駐車違反となればシールをフロントガラスに張られるなどの措置を受けますが、粘着力が高いと車の所有者とのトラブルが絶えないため、簡単にはがれるシールへの切り替えが進んだ結果、ちょっと強い風でも吹こうものなら勝手にはがれて飛んで行ってしまうようになりました。

このため、自分が駐車違反となっていることを知らずに車検を受けに行き、適合とされたものの反則金未納状況がネックとなり車検相が交付されないという苦渋を味わった人だっているのです。

このような場合には自宅などへ納付の催促が来ていると思いますので、その内容に従って速やかに反則金を納付し、車検に通る状況としてから車検サービスを利用しなければなりません。

駐車違反をして反則金が見納付であれば車検に通らないのが原則ですが、これに該当しない場合もあります。

それは、駐車違反したタイミングが車検直前すぎた場合です。違反をしてから反則金の仮納付書が自宅へ届くのが約2週間後、このタイミングで支払わなかったときには駐車禁止から1か月ほど経って送られてくる納付所に従って反則金を支払うこととなります。

この期間はタイムラグも考慮されており、未納であっても駐車禁止の反則金の納付期限内というわけで、車検拒否の対象とならないのです。

上記のように駐車禁止となって車検証が発行されないケースを避けるためには、車検切れ期限までに日数の余裕を持って車検を受けるのがもっとも賢い手段となるでしょう。

車検に通らなかった場合、その理由が明確となりますので、早々にネックとなっている課題の解消に努められるようになります。

ことさら駐車違反では、運が悪かったと思うしかない場面も多いでしょうが、スムーズに車検を通すことを念頭に置けば、まずは反則金の支払いを終えるのが先決と言わざるを得ません。期限寸前の車検は前もって受けるよりも、ずっとリスクが大きくなってしまいます。

簡単にまとめると駐車違反はするな!ってことですね。そしてもし違反をした場合は速やかに反則金の支払いをしましょう。

車検節約術はこちら