車検について

車検でタイヤをしっかりチェックしよう!そして安く交換したい!

車検の時期になると、タイヤの溝が大丈夫かどうか不安を覚えてしまう人も多いのではないでしょうか?タイヤがすり減って溝がなくなってしまっていれば、タイヤ交換をしないと車検に通りません。

しかし、素人目にはどれほどすり減っていれば危ないのかわかりづらいのも実際のところです。特に最近の車は前輪のタイヤの外側から摩耗していくケースが多いので、そこだけを見て溝がないように思えていても、専門家からすると十分に溝の残っているタイヤである場合も多くあります。

タイヤが車検に適合しているかどうかの目安はスリップサインを参考にするのが一般的とされています。スリップサインとは、タイヤの溝と溝の間にある、1段高くなっている部分のことです。タイヤ1周で6ヵ所あり、その場所は側面の三角のマークで指されていますので、誰でも簡単に確認できます。

スリップサインの盛り上がりは約1.6ミリとなっており、このスリップサインとタイヤの溝が同じ高さになると車検に通りません。タイヤの溝は新品の状態で平均8ミリとされていますので、スリップラインと同等の高さとなるには、かなりタイヤが摩耗した状態となっていることを示します。

タイヤは私たちの車をコントロールする部分であり、そこに欠陥があるとドライバーや同乗者だけでなく、周囲を通行している人全員に危害を及ぼす可能性がありますので、しっかりと溝のあるタイヤを履いていなければなりません。

すり減ったタイヤで雨の日に走ったことがあれば経験があるかもしれませんが、水媚態の路面状況となっていればかなり滑りますので、ヒヤっとすることも少なく有馬せん。

道路に雨が降って路面が水浸しだと、タイヤと道路の間に水が入り込んで、タイヤが路面から浮いてスリップしてしまうのです。しかし、タイヤに溝があると溝が水分をうまく除去してくれるため、タイヤが路面に接地し、食いつくことができるのでスリップしづらくなります。

タイヤの溝をできるだけ保つには、ローテーションすると1つのタイヤだけが摩耗しませんので、全体として長く履けるようになります。

雪の降る地域であれば、スタッドレスタイヤへの履きかえはタイヤのローテーションにとっていい機会となるでしょう。一年を通じてタイヤ交換しない地域にお住まいならば、前輪と後輪を一定期間経過後に入れ替えるなどすると車検に通る水準のタイヤを維持しやすくなります。

タイヤって交換となると結構な金額になりますからね。できれば安い所で購入したいところ。タイヤを安く購入したいのであればネット通販がオススメです。

タイヤのネット通販はこちらで詳しく書いています。

また車検自体を安く済ませたいのであれば楽天車検がオススメですよ。ポイントもついてくるので節約できます。

楽天車検についてはこちら