車検について

車検は指定工場で受ける

車検を受けようと思ったとき、ほとんどの人が車検サービスを行っている自動車整備工場を探して依頼する流れをとると思いますが、それらを受けている自動車整備工場は認証工場と指定工場の2つに分かれています。

これらの違いを大まかにいえば、車検ラインを自社で持っているかどうかが異なります。

車検ラインを持っているのが指定工場です。地方運輸局長の認証を受けた工場が認証工場であり、認証工場のうち、一定の基準を満たしている工場が申請することで、地方運輸局長が指定自動車整備事業の指定をしたのが指定工場です。

指定工場となることで、自社に車検のラインを構えることができるようになりますので、民間車検場といわれることもあります。

検査ラインがあるので、車検の際に車両を陸運局に持ち込む必要がありません。検査を終えれば必要書類を持ち込むだけで新しい車検証が発行してもらえます。

では、認定工場はどのように車検を通しているのかといえば、車検ラインを持っていないため、車両を車検場に持ち込んで検査しています。

もしも不適合となってしまえば、一旦車両を持ち帰って整備し直し、また車検場に行って検査を受ける繰り返しとなりますので、スケジュールによっては車検を通すまでに数日かかってしまう可能性もあります。

これを考えれば、自分の工場で車検を通過させられる指定工場の方がスピーディーに車検を通すことができるとイメージできるでしょう。

車検も融通が利きやすいのではと思いきや、決してそのようなことはありません。指定工場であるためには、厳しい認定基準があります。

万が一にも検査基準を満たさない車を合格にした場合に、営業停止処分になってしまいますので、指定工場の方が車検場よりも検査基準が厳しい傾向にあり、なるべく整備不良の車を出さないようにしていますし、より多くの箇所の整備をする傾向にあります。

そのため、安全面を考えると指定工場は安心だという考えもあるようです。

これまでご紹介してきた指定工場での車検は、指定工場としてのクオリティーを求められることもあってコストが多くかかるので、認定工場よりも高めの価格設定となっている向上が少なくありません。

安全性も、コスト面も、車検を依頼する先を決めるための判断材料となりますが、自分が車検を通しにあたって求めているものは何か、トレードオフについて考えていくといいでしょう。

車検を安く受けたい方は楽天車検がオススメ