車検について

車検にかかる諸費用も頭に入れておこう

車検にいくらかかるのか、を考えたとき、総額ばかりを意識しがちですよね。

自動車整備工場などが提示している車検の諸費用が安いのか高いのかわかりづらいこともありますが、諸費用の各項目についての知識を深めておけば、その車検がリーズナブルかどうかはすぐわかるようになります。

まず、車検にかかる諸費用は車検基本料金と法定費用に分類されることを知っておきましょう。

法定費用は自動車重量税、自賠責保険、印紙代のことであり、車検を通そうとする車の規格に応じて支払わなければならない料金が決まっていますので、業者によって安くなることはありません。

クレジットカード払いできるようなところや、分割払いに対応した車検プランを扱っているような先であれば、法定費用を立て替えているのでいくらか上乗せされるケースもあります。

自動車重量税、自賠責保険、印紙代についてはそれぞれ理解するよりも、法律で定められた、支払わなければならないものとして捉えておくといいでしょう。

車検の諸費用のなかで気にしなければならないのは、車検基本料金のそれぞれの項目です。車検基本費用には定期点検料、測定検査料、代行手数料などがあります。

それらは自動車整備工場などが自由に料金設定できますので、値段にも差がありますし、他の業者では存在していない項目を付け加えられている場合もあります。

例えば、継続検査に必要な書類を作成する料金として、代行手数料が加算されていたりもします。

また、車検を通すときに必要な整備として、パーツ代や工賃を含む部品交換費用が徴収されることも少なくありません。

あまりに業者任せとしていると、“個々の整備もちゃんとしておいた方がイイ!”として、あちこちの手直しをされた結果、車検に関係のない諸費用まで発生してしまう場合もありますので、信頼できる業者へ依頼するとともに、何かしら疑問があるときにはすぐに聞くようにしましょう。

自動車整備工場などにとって、車検は2年に一度のビジネスのチャンスです。安全のためとしながら、諸費用を次々と重ねていくのは、それら業者にとって正攻法であると認識しておけば、提示される見積もりに目を通しながら、諸費用についてシビアな指摘ができるようになります。

おおよそイメージできると思いますが、もっと安く車検を通すのであれば、徹底して不要な整備をしないように留意しておきましょう。

そして車検だを少しでも節約したいのであれば楽天車検をオススメします。ポイントが付いたりそもそも基本工賃が安い整備工場が多く車検代を安く上げれますので節約につながります。

楽天車検のポイントについてはこちらの記事で詳しく書いています。