車検について

車検切れに車を運転すると

車検切れ間近となってもまだ車検を通していない場合、“このまま運転してもバレなければ大丈夫”と思っているようであれば、今すぐ意識を改めましょう。

車検切れの車を運転して見つかった場合には、かなり大きなペナルティーを支払わなければなりません。そのリスクを考えれば、素直に車検を通しておくほうがずっと賢い選択であることが理解いただけると思います。

車検切れの車かどうか判断するには、フロントガラスに貼られているシールの日付を確認すれば一発でわかりますが、サイズも小さいので警察に間近で見られでもしない限り、バレないように思う人もいるでしょう。

では、そのまま運転していたとして、事故を起こしてしまえばどうなるでしょうか。もちろん、警察を呼ばなければなりませんし、その場で「車検証と免許証を見せて」と言われ、すぐにバレてしまいます。

その瞬間に、道路運送車両法(無車検走行)に違反するため罰則点数が6点となり、6か月以下の懲役または30万円以下の罰金が確定します。

罰則点数が6点と聞いてもピンとこない人も多いでしょうが、前歴の有無関係なく、最低でも30日の免許停止処分になります。過去3年間で交通違反により免許停止となっている場合は90日間の免停となりますし、2回免許停止となっていれば免許取り消しとなります。

また、事故を起こした場合には高額な損害賠償を支払わなければならないリスクもあります。車検と自賠責はセットなので、車検切れとなっていれば、自賠責も切れているので、その分の補償は受けられません。

任意保険も自賠責に加入をしていることが前提となるため保険がきかない場合が多いのですが、仮に任意保険が使えるとしても、保証されるのは自賠責対象外の部分についてとなるのがほとんどなので、自賠責分はやはり全額自腹での支払いとなってしまいます。

上記のようなリスクを考えれば、誰もが車検切れの車を運転すべきではないと認識できると思います。もしも、車検切れとなってしまったならば、レッカーで移動してもらって車検を受けるか、仮ナンバーを交付してもらって公道を走れるように手配して車検を受けるか、のいずれかとするようにしましょう。

安く済ませるには仮ナンバーを使用する方法となりますが、仮ナンバーの有効期間は3日間だけであり、その期間を過ぎると再び車検切れなので運転できなくなる点には注意しておきましょう。

オススメは楽天車検です。詳しくはこちら