車検について

車検はいつから受けれる?

新車の場合は登録の日から3年、新車以外の車は2年ごとに車検を受けることが法律で義務付けられています。

フロントガラスに貼っている小さなシールを見れば、いつから車検切れとなるのか確認できますので、時期が近づいてくればしっかりとチェックしておくようにしましょう。

シールだけでわかりづらいとき、もっと正確な情報を得たいときには車検証を確認するようにするといいでしょう。

車検切れとなるのは、月の末日に限りません。それぞれ日にちまで決まっていますので、その日付までに車検を通さなくてはなりません。

仮に、車検切れの日付が土日祝日に該当する場合であっても、入金日の〆の取り扱いのように翌週の平日に車検切れの日付はスライドしません。土曜日だろうが、日曜日だろうが、その日付どおりに車検が切れてしまう点には注意が必要です。

期限までに車検を通すために、いつから車検を受けられるのかといえば、車検切れとなる一か月前から受けられますので以外と余裕があります。(それ以前に検査を受けることもできますが、継続検査の扱いとならないなど説明が複雑なので、こちらでは省きます。)

しかし、余裕があると思っていても、気がつけば期限が目の前となって焦ってしまうことも少なくありませんので、いつから車検を受けられるのかを事前に調べておき、あらかじんスケジュールを組んでおくとスムーズに車検が受けられるようになります。

ギリギリになって焦って車検を受けたとしても、愛車が確実に車検に通るわけではありません。不適合個所が見つかり、そのための整備が必要となれば、車検に通すのが期限後となってしまう場合も考えられます。

このようなケースとなれば、車検に通すために契約した自賠責保険の日数を追加しなければならないなどの面倒が生じる可能性もありますので、せめて一週間前くらいには車検に出すようにするといいでしょう。

きっと車検時期が近付けば、ディーラーやその車を購入した先から車検を受けるよう案内が来ると思います。しかし、今日は格安車検を受けられる先が多くありますし、自分で車検を通す方法もありますので、自分の目的を叶えられる手段によって車検を通すことができます。

これらを比較検討するのも時間を要しますので、いつから車検が受けられるのか把握しておかないといけません。安く済ませようとするほど、自分で手間をかけなければなりませんので、より多めに時間を割く必要が出てきます。

車検を節約したいのであれば楽天車検をお勧めしますよ